BENRI LIFE

テクノロジーの力で「便利」を追求するブログ

【レビュー】12インチMacbook 2015から13インチMacbook Pro 2017に乗り換えてみた。

f:id:Kou1600:20170813154236j:plain
私はこれまで、Macbook 12インチ(Early 2015)を利用してきたのですが、若干のスペック不足を感じるシーンが多くなっていました。

また、特にこのブログを開始したことにより、画像編集(特にAdobe製品の利用を開始)をすることが多くなると想定されること、より大きいディスプレイのものを購入し、執筆しながら情報収集などマルチタスクを快適にしたかったこと、4Kモニタを利用するようになったところが大きいです。

なお、iPhoneを始め、iPad、Apple WatchからHomekit関連製品まで、最近はガジェットをほぼApple製品で固めているので、シームレスな連携や利用ソフトウエアの関係から、必然的にWindowsではなくMacを中心に検討。

そんな中、ちょうど13インチMacbook Pro 2017年モデルが発売開始されていたので、こちらに乗り換えることとしました。

1ヶ月弱利用しましたので、まずはファーストインプレッションを掲載していきたいと思います。

どのモデルがよいか、スペック選定について

まず私の利用用途としては、ブログ利用がメインで、それに派生し画像編集やソーシャル、プログラミングくらいのものです。音楽や動画の編集はほぼやりません。

予算は15万前後とMacを購入するにしてはあまり多くはなかったですし、2017年モデルは円安の影響により2016年モデル初出と比較して2万円ほど高額になっていたこともあり、とりあえず必要ないものを徹底的に省く方針に。細かい選定部分を列挙して行きます。

Touch Barはナシ。搭載されて便利になるイメージが全く湧かなかった。

f:id:Kou1600:20170813130654j:plain

Touch Barは色々なレビューも確認したのですが、これにしかない使いどころや便利になる部分があまりイメージできませんでした。

利用も基本的にはクラムシェルモードでの利用を想定していたことが大きいです。

また、むしろタイピングの関係でいうならば、物理キーボードの方が操作しやすいのではと感じました。強いて言うならTouch ID搭載は便利とは思いましたが。

USB-Cポートが2基から4基になるという面やGPUの性能が向上するといったメリットもあったのですが、私にとっては、値増しに見合うほど重要視する要素ではなかったので外しました。

メモリ8GB・ストレージ128GBという最小構成を選択。

f:id:Kou1600:20170813131449j:plain

画像:Macbook Proを購入

スペックについて、特にメモリは最後までどうするかかなり悩みました。特に上述した画像編集ソフトやクリエーターツールの利用増が見込めることと、メモリ食いChromeやメインエディタのUlysses、ソーシャル・クラウド系の常駐アプリ、開発環境のことも考えると、8GBでは結構ギリギリ。
かなり悩みましたが、結局自分のスキル次第で今後どうなっていくかにもよるので、まずは8GBを選択。
まぁ、足りないと感じたら、売却して買い直せばいいやくらいの考えで妥協しました。

また、ストレージについては、画像が増えていくにしても、クラウドや外付けHDDでいかようにも拡張できるので、128GBとしました。

JISキーボード一択。

f:id:Kou1600:20170813150456j:plain
USキーボードの方が構造やデザインも好きなのですが、仕事で利用するPCがJIS以外に選択肢がなく、ほぼ強制的にJISとなりました。

なぜプライベート用のPCまでJISに揃えたのかというと、例えば仕事から帰ってきて文字打ちをする時に、タイピングミスが多発しストレスが溜まったりするためです。
仕事で扱うキーボードがJISに慣れていて、結果JISにせざるを得ない人、結構多いんじゃないかなぁ。。。

持ち運びもたまにするため、13インチを選択。

f:id:Kou1600:20170813130209j:plain

基本家でブログは書くのですが、気分転換や人と会う時などに外出先でPCを利用することがあるため、一定のコンパクトさは重視したいポイントでした。

これまでの経験上、重さは1.5kg以下、横幅300mm以下が持ち運びもできるノートPCとしてギリギリ許容できる範囲のサイズだったので、15インチモデルの画面の大きさに憧れつつも、選択肢からは外しました。

13インチも横幅が数ミリ上記の基準を超えているのですが、まぁ数ミリ程度ならいいや、といった感じです。
そもそも自分の用途では15インチモデルは明らかにオーバースペックだったので、これで正解ですね。

4Kモニタに接続し、安定的に利用したかったため、Macbook Proを選択。

自宅での作業がほとんどで、ノートPCのみだと作業スペースがなかなか厳しく、また長時間利用するため、常に下を向く体制がちょっと苦しかったです。よって、モニタには接続したいなぁと。

ただ、Retina表示の美しさを落としたくなかったので、解像度は4K以上ほぼ一択に。

4K以上で様々なソフトを動作させるには2015年 Macbookだとちょっと苦しい場面があり、Macbookもスペックアップしているとわかりつつも、より安心できるMacbook Proを選択しました。

▼今度記事にしますが、4Kモニタはダントツでコレがオススメ。コスパ最高です。

型落ちの整備済製品か新型か。

f:id:Kou1600:20170813151252j:plain

img via Mac整備済製品

ここまでの購入検討経緯と製品スペックを考えると、1世代型落ちのMacbook Pro Late 2016の整備済製品でも十分なのではないかと思います。
相場をみてると2万円弱安い上に、ストレージは倍の256GBでしたからね。

実際私もかなり悩みました。 これは、以下3点の超個人的かつ割と適当な考えで決定しました。

  • 予算には収まっていたので、より新型が欲しかったという単純な物欲。
  • 店頭モデルのスペックなので、より早くサクッと買える新型。
  • もう解消されていると思うが、2016モデルにはディスプレイの不具合問題があった。

Macbook Pro 13インチ Late 2016は、私が選定するスペック(店頭モデルレベル)ならば比較的頻繁に出回っているので、正直整備済製品でもよいかと思っていますが、まぁ予算内だったしいいやという感じです。(笑)

開封の儀

まずはざっくり開封の儀から。もう散々情報は出回っていますが、Macを購入したら、欠かせないのがこれでしょう!

f:id:Kou1600:20170813154236j:plain
▲この箱に手をつける直前、毎度のことですが、やはりMac特有のドキドキ感があります。

f:id:Kou1600:20170813154305j:plain
▲箱を開けてみました。すぐあらわになるMacbook Pro!

f:id:Kou1600:20170813154334j:plain
▲Macbook Proを取り出しました。おなじみの光景ですが、なんどやってもワクワクする!

f:id:Kou1600:20170813154405j:plain ▲本体を開き、さっそく初期設定を!あー楽しい。。。

もうほとんど自己満ですが、Apple製品の開封の儀は何度やっても飽きないですねぇ。。。

1ヶ月程度利用してみての所感

まずは1ヶ月程度利用して見ましたので、取り急ぎの所感・特徴を掲載していきます。

最も変わった点と感じた点。それは「ディスプレイの高さ」

今回一番お伝えしたいところです。
12インチMacbookの場合、筐体がコンパクトであることもあり、目線を結構下に向けなければならず、首も覗き込むように下向きになるのでその状態が続くとかなり疲れます。

f:id:Kou1600:20170813185645j:plain
▲AppleのMacbook Proのトップページを表示してみた。
わかりにくいかもしれませんが、特に注目してもらいたいのが「黒のヘッダ部分」です。明らかに高くなっており、この差が首の疲れを軽減します。

しかし、13インチMacbook Proは、ほど良いディスプレイの高さがあるので、そこまで目線を落とす必要もなく、首があまり疲れません。

これは購入して実際に利用してみないとわからないかもしれません。
長時間椅子に座って操作できるわけではないため、店頭でいじっている間では実感することができませんでしたが、このポイントはかなり大きいです。

手首全体をアームレスト部分に余裕をもって乗せられるので、タイピング時に疲れにくい。

f:id:Kou1600:20170813154859j:plain 次にお伝えしたいのはアームレストの部分です。

12インチMacbookは筐体の小ささから、ホームポジションでギリギリ手首がアームレスト部分に乗っかる、という状態で、タイピングしているとMacの端の部分が刺さり、痛みまでとはいかないもののストレスを感じます。

しかし、13インチMacbook Proであれば、アームレスト部分が大きくなることで手首がゆとりを持って乗るため、安定的かつストレスフリーにタイピングをすることが可能です。

ブログのようにある程度の量の文章を書く場合、この差はかなり大きいです。 写真のアームレスト(スキンシールを貼っている部分)の実測の面積は、Macbook Proの場合、縦9.0cm×横8.2cm=73.8㎠に対し、Macbookのサイズの場合、縦7.2cm×横8.1cm=58.32㎠でした。 この差は結構大きかったので、店頭などで試して見てください。

USB-Cポートが2個というのはやはり便利。

f:id:Kou1600:20170813155321j:plain

12インチMacbookの場合、USB-Cポート1基差して終わりのため、給電しながらの利用時には他に拡張することができません。

私は外部ディスプレイ+クラムシェルモードでの利用を想定していたため、ポートが一つだけでは原則運用はできません。

まぁ、これは外付けのハブなどを利用すればいいことなのですが、外付けしてゴチャゴチャするのがあまり好きではないという個人的趣向により、必要最低限としてUSB-Cポートが2基存在しているのは、ありがたいなぁと思っています。

12インチMacbookにあった動作の引っかかりがほとんどない。

Proになって当然ですが、スペック部分による進化がかなり大きいです。

「1.1GHzデュアルコアIntel Core Mプロセッサ(第5世代のBroadwell-Y)」から「2.3GHzデュアルコアIntel Core i5(第7世代 KabyLake-U)」を搭載し、GPUやメモリの性能も上がっています。

ベンチマークなどは他サイトで見ていただきたいのですが、利用感としては俗に言う「虹色マーク」の出る頻度が激減し、動作の引っかかりもほとんどありません。

また、Macbook Proの利用においては、4Kモニタに60hz(DisplayPort経由)表示をしているのですが、それにおいても全くストレスを感じません。

課題の一つだったPhotoshopやLightroomなどの比較的重いソフトでも問題なく動作します。

第2世代バタフライキーボードはやはり打ちやすい。

f:id:Kou1600:20170813150456j:plain 12インチMacbookでは第1世代のバタフライキーボードであり、キーボードの打鍵感がほとんどなく、打ち疲れをすることが多かったです。(仕事用のPCがそこそこの打鍵感があったため、なおさら。)

13インチMacbook Proは第2世代バタフライキーボードを搭載しているため、やはり打鍵感は深くて良いです。

まぁそれに伴って打鍵音は結構大きいため、好みの問題とはなりますが、文字を多く打つ人なら、第2世代バタフライキーボードの方がオススメです。

おわりに:乗り換えた価値は大いにあり大満足!価格は・・・

f:id:Kou1600:20170813154405j:plain

全体として、当初の狙い通りの使い心地で、満足感は非常に高いです。
動作もかなりキビキビしています。

しかし、円安の影響により、2016年モデル登場時と比較し、2017年モデルは約2万高額となっています。 PCとしてのスペックから考えても、相場から見るとだいぶ高いです。

どうしてもMacでないとという人以外にはあまりオススメできません。

私と同じような利用用途で予算が厳しければ、1世代型落ちのMacbook Pro 2016 整備済製品がコスパがよいです。
このモデルは定期的に出てくるのを確認済であるため、特段のこだわりがなければ、整備済製品の購入を視野に入れるとよいかと思います。